青の洞窟・ダイビングについて

沖縄の青の洞窟について

沖縄にある青の洞窟は、テレビや雑誌などでも取り上げられる
沖縄の人気シュノーケル&ダイビングスポットになっています。
沖縄青の洞窟のある場所は沖縄本島のほぼ中央、恩納村の真栄田岬に有ります。
自然に出来た青の洞窟は、太陽の光が水中から差し込み、水面が青く輝く幻想的な光景を作り出しています。

青の洞窟は、長さが20メートルほどのトンネルのような地形になっています。
陸上から歩いて入る事の出来る入口と、海から泳いで入る入口の2つの入口が有ります。
また青の洞窟の外は、真っ青な海にクマノミを始め多くの熱帯魚が泳ぐ、沖縄を代表するダイビングスポットになっています。ダイナミックな地形や魚の多さは沖縄でもトップクラスで、初心者からベテランまで楽しんで頂く事が出来ます。

陸上は公園のように整備がされていて、トイレや休憩所などが有り快適に楽しんで頂く事が出来ます。シュノーケルやダイビングの休憩も景色を見ながらゆっくり休めます。
沖縄の青い海が見渡たせたり、夕日が沈む景色は絶景スポットにもなっています。

青の洞窟に行くには、ビーチから歩いて向かうコースと、ボートで向かうコースが有ります。それぞれにメリットとデメリットが有りますので、お客様に合ったプランで参加される事が楽しんで頂けるポイントになります。

青の洞窟は、ダイビングとシュノーケルどちらがいいの?

沖縄にある青の洞窟は、シュノーケルとダイビングの両方で楽しんで頂く事が出来ます。
シュノーケルで水面から見る青の洞窟と、ダイビングで水中から見る青の洞窟は見え方が異なり、それぞれに独特の見え方をします。

シュノーケルでは水面に顔を出した状態で水面を見ると、
水が青く輝き幻想的な光景が広がります。
ダイビングでは洞窟の奥から入り口を見ると、
洞窟の影の中に青いシルエットが浮かび上がり神秘的な世界が広がっています。

泳げない方でもシュノーケル・ダイビング共に全く問題有りませんが、
水に恐怖心が有る方はシュノーケルがお勧めです。

または、シュノーケルで海に慣れてからダイビングを行う、
セットコースがお勧めです。

シーズン中の青の洞窟にダイビングで行くと、
水面に顔を出して水面を見る事が出来ない場合が多くなります。

青の洞窟をシュノーケルで楽しみ、
ダイビングでお魚などの水中世界を
ゆっくりと楽しむセットコースがお勧めです!!

ボートとビーチエントリーについて

ビーチエントリー・ボートエントリー青の洞窟をダイビングやシュノーケルで楽しむには、
「ボートエントリー」と「ビーチエントリー」の2つのエントリー方法が有ります。

2つのエントリー方法には、メリットとデメリットが有りますので、
お客様に合ったエントリー方法を選ぶ事が大切です。

ショップの効率を優先させる為、
ボートエントリーのみやビーチエントリーのみで開催しているショップ様の場合、
それぞれのメリットのみを強調している場合があります。

当店はお客様に本当に合ったプランで楽しんで頂く為、
どちらのエントリーも自由に選んで頂けます。
その為、それぞれのメリットだけでなくデメリットもお伝えしています。

どちらのエントリーもコース内容・サービス内容は一切変わりません。
また、潜る海も同じ場所になりますので水中での綺麗さも変わりません。

詳しくは、「青の洞窟シュノーケル」と「体験ダイビング」のページをご確認ください。


マリンクラブクレアの青の洞窟コース

マリンクラブクレア沖縄では、以下の3つのコースで青の洞窟にご案内しています。
全てのコースで、お申し込みのグループごとの貸切プランで、お客様を青の洞窟にご案内しています。
泳ぎに自信が無い方や初めての方でも、お客様に合わせたペースで海にご案内しますのでご安心ください。
  • シュノーケルで青の洞窟を水面から楽しむ
  • 体験ダイビングで青の洞窟を水中から楽しむ
  • オススメセットコースで思いっきり楽しむ

時間や天気で青く見えない時もあるの?

青の洞窟は、日の出から日没までなら、時間には関係なく綺麗に見る事が出来ますのでご安心ください。
沖縄は日本の中でも南西に位置しますので、東京と比べると40~50分ほど日没が遅くなり、夕方でもまだまだ明るく感じます。
青の洞窟は、人気スポットになっています。シーズン中(7~9月)の朝8時から15時頃までは、大変込み合う時間帯になります。
早朝8時前か15時過ぎの時間帯がお勧めです。天気には、ほとんど影響を受けません。
雨や曇りの天気でも綺麗に見る事が出来ますのでご安心下さい。また、海の水温は天気には影響されません。
※お客様のご希望によりシーズン中は、早朝6時より開催可能です。

季節について

ダイビング・シュノーケルのベストシーズンは、5~10月になります。
この期間中の沖縄でしたら、ほとんど寒さの心配はいりません。海の水温は、陸上の気温より遅れて変化します。
少し涼しくなった季節でも水温はまだまだ高めです。また、海の水温は1年を通してゆっくり変化しますので、1日の中では昼も夜も同じ水温になります。天気によって水温が変化する事も有りません。青の洞窟は、冬場は波が高くなり行けなくなる事が多くなります。天気には関係無く、北風が吹くと荒れやすくなりますのでご注意ください。5~10月のベストシーズン以外でも、もちろん楽しむ事が可能です。青の洞窟も人が少なくなり透明度が良くなる事も多いので、お勧めの季節でもあります。ウエットスーツ・フードベスト等保温性のある装備をして海に入りますのでご安心ください。水温比較表沖縄の3月の水温は、東京大島の7月の水温とほぼ同じなんですよ。

真栄田岬の水中写真

  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
  • 真栄田岬の水中写真
ダイビングのお申込み
沖縄 青の洞窟 CREA

マリンクラブクレア
〒904-0412 沖縄県国頭郡恩納村谷茶138
リザンシーパークホテル谷茶ベイより1km先右側
国道58号線沿いにあります。

PAGE TOP